停電被害を回避するためにもねずみ駆除をしよう

削らなければ一生伸び続ける歯~ねずみが何でもかじる理由とは~ 削らなければ一生伸び続ける歯~ねずみが何でもかじる理由とは~

漏電被害を起こさないためには?

積み木とコンセント

電気の被害でも深刻な事故は火災や感電だといえます。中でも感電するのは人以外にも、ねずみなどの小動物も挙げられるでしょう。ねずみが感電死するケースは珍しくありません。定期的にねずみが感電死する現象が起きることで、人の生活に大きな被害をもたたらします。

多発する漏電被害

2時間あまりも停電していました(40代/男性 電力会社員)

近年技術力の進歩と共に、電気機器や絶縁電線が高品質化してきました。しかしそれにも関わらず、未だにねずみによる停電被害が減ることがありません。どこかで電気事故が起きた時には、遮断器が作動し多くの世帯が停電するようになっています。しかしこの停電は、一般家庭や向上に多大な迷惑をかけてしまうのです。最近は、ねずみが原因で2時間ほど停電するという被害がありました。

600軒あまりの住宅を停電させてしまいました(30代/男性 電力会社員)

キュービクルの下からねずみが侵入し、ねずみが感電しました。これが原因となり、600軒あまりの住宅が停電したのです。ねずみは僅かな隙間から入り込んで侵入してきます。ねずみの侵入を防ぐためには、ねずみが入り込めないようにちゃんと隙間を埋めることが大切でしょう。また、隙間が空いているかいないかを定期的にチェックして入り込めないように対策をします。このような対策をすることでねずみによる停電被害を防いでいくことができるでしょう。

侵入させないことが最も大事

ねずみが家に侵入すると、多くの被害を家や人に与えます。侵入してきたねずみを放置していると、そのうちねずみの数は爆発的に増加し被害を受けるスピードが上がるのです。ですから、ねずみが侵入したらすぐにねずみ駆除を行なうことが大切になってきます。できれば、ねずみが侵入した時点でねずみ駆除をするのが一番良いといえます。そうすることで、被害を最小限に抑えた状態で問題を解決することができるのです。また、ねずみ駆除は非常に大切なことですが、一番肝となる部分はねずみの侵入を防止することだといえるでしょう。侵入させなければねずみ駆除をする必要すらなくなります。

TOPボタン